キャンプ

子連れにおススメのキャンプ場 ソレイユの丘 オートキャンプ場

はじめに

独身時代はよくキャンプに行ったけど、子供が生まれてからは行っていないなんて人多くいるのではないでしょうか。

キャンプ場によっては小さな子供が行くには少し不便な場所も多くあると思いますが、今日は子連れでも楽しめるソレイユの丘キャンプ場をご紹介します。三浦半島から海一望で天気のいい日は富士山や江の島も見える絶景ポイントでキャンプが出来ます。そして、海に行ける階段があり、海にも行けちゃうんです!

是非、行ってみてくださいね!

ソレイユの丘 オートキャンプ場

写真はホームページより

ソレイユの丘のキャンプ場は本当におススメです。なんといっても、キレイ、子連れにはありがたい施設が多く揃っているという点です。そしてキャンプ場だけでなく、他のエリアでも遊ぶことができるので、テント設営中やBBQなど大人が楽しんでいる間に子供たちが飽きてしまう場合があると思いますが、子供たちは他のエリアで遊ぶことができます。他のエリアはソレイユの丘 家族で1日楽しめる三浦の屋外施設でもご紹介しています。

これはキャンプ場の案内図です。フリーサイト、オートキャンプサイト、バンガローとエリアが分かれておりお好みの場所を予約できます。

フリーサイト

ここは芝生になっており、チェックイン後に好きな場所にテントを設営できます。設営区画が決められていないので、フリーサイトスペースの中で設営が可能なのがいいですよね。

このスペースには25区画分のテントまでとなりますのでかなり広くスペースを取ることが可能。子供がいても走り回ることができ、安心できますよ。

料金:3,000円(オフシーズン)/4,500円(トップシーズン)/5,500円(ハイシーズン)

◇注意点:

・フリーサイト予約の場合はキャンプ場専用の駐車場に車を停めることになりますので、キャンプ設営道具などは全てキャリーが台車などで

運ぶことになりますので、キャリーは持参した方がいいですが持っていない、車に積みきれなかったという方は台車を管理棟で無料で借りれます。

・フリーサイトは日陰になる場所がなく、天気がいいと設営に体力消耗の可能性あり。真夏の場合は熱中症に注意です。

オートキャンプサイト

こちらは車が横付けできるので荷物の持ち運びも不要。デッキありとデッキなしの区画になっており、各5区画で計10区画で数は少なく競争率が高いエリアです。

地面が砂利になっておりペグを打つのが少しコツが必要ですが水捌けがいい砂利です。

デッキありの方は2ルームあるような大きなテントの設営は出来ないのテントが大きい場合はデッキなしをチョイスがいいですよ。

料金:

デッキあり:6,000円(オフシーズン)/7,000円(トップシーズン)/8,000円(ハイシーズン)

デッキなし:5,500円(オフシーズン)/6,500円(トップシーズン)/7,500円(ハイシーズン)

◇注意点:

・デッキありは大きなテントの設営NG

バンガロー

こちらは大小合わせて5つのバンガローがあります。エアコンが常設してありますので、小さい子供がいても、天候が悪くても、便利です。

バンガローに車を横付けできませんのでこちらもキャンプ場専用の駐車場から荷物を運ぶことになります。

キャンプ初心者でテントを持っていない場合など、寝具とBBQセットなどを持参すればキャンプを楽しむことができます。

料金:10,000円(オフシーズン)/11,000円(トップシーズン)/12,000円(ハイシーズン)※こちらはバンガロー小の金額です。大は各シーズンに+1000円

◇注意点:

・バンガロー横に車の横付けはできません

・寝具やガス、水道などは揃っていません

キャンプ場管理棟

管理棟で11:00にチェックイン可能。早めに到着した場合はチャックインは出来ませんが、他の施設で遊ぶことも可能です。

管理棟でチャックインする際に利用に関しての注意など説明があります。

ゴミは基本持ち帰りですが、1000円払えば専用のごみ袋を3つ貰えるので持ち帰らずに捨てて帰ることができます。

この管理棟でもキャンプに必要なものをレンタルできたり購入できたりしますよ。

トイレ・お風呂

基本的にトイレはソレイユの丘全体のトイレになりますのでキャンプ場に常設ではなく近くの共有のトイレを使用するいことになります。

でも、近くに何か所もあるので安心です。赤ちゃんのおむつ替えできるスペースもあるので乳幼児にも安心ですね!

お風呂はソレイユの丘入口付近にある「海と夕日の湯」をキャンプ場利用客価格で利用可能です。現在はコロナ対応でシャワーのみ利用可能と

なっておりますが、脱衣所も広くドライヤーなど設備が整っている日帰り温泉施設なのでとっても便利ですよね。

消灯時間が22時で見回りがあり結構厳しいので早めにお風呂も済ませ焚火や食事を楽しんだ方がベストです。

予約はこちらから

キャンプ場の予約はこちらから ※電話予約はできないので注意です

駐車場は予約は不要ですが一律1000円かかります。またチェックアウト後にソレイユの丘で遊ぶ際は一度キャンプ場の駐車場を出て、一般駐車場への移動が必要です。

最後に

いかがでしたでしょうか。こちらのキャンプ場は子連れはもちろんですが、キャンプ初心者にはとってもいいロケーションと施設だと思います。

土日祝日の予約は取りにくい人気のキャンプ場ですが、都心からもアクセスがよく初めてでも利用しやすい距離と施設です。

日差しを避ける場所がほぼ無いので、帽子やタープなどの日差し避けなどは必須アイテムなので注意です!!

是非、一度利用してみてください。

参考になれば嬉しいです♡

-キャンプ
-, , , , , , ,

© 2022 Wahine-style